無駄はいらない。でも、遊びは削らない。

Less is Moreを生きよう。

無駄はいらない。でも、遊びは削らない。─── Less is Moreを生きよう。

複数駅利用のロケーションも、構造の安心感も、家族のライフスタイルにぴったりの住まい。

  • こんなタイプの家は他にはなかった

    Cさんご夫婦は、アメリカのシアトルに住んでいました。地下室もある築80年ほどの一戸建てです。
    「アメリカでは、家は年数が経つと共に価値が上がっていきます。古くなったら壊して新しい家を建てるスタイルは、使い捨てのようであまり好きではないですね」。
    日本に来てからは賃貸マンションに住んでいましたが、偶然、チラシでリムテラスの販売を知ったそうです。賃貸の住まいに不満はなく、家を購入するつもりもなかったのですが、近いということもあり見学に行きました。
    「夫は一戸建てが好きなのですが、リムテラスは一戸建てと同じ感覚で暮らせます。構造が丈夫なのでアメリカのように長く住めるし、地震にも強い。改修や建て替えにも対応していて、世代が変わっても住める点も気に入りました。私がマンションが好きなのはセキュリティの面ですが、ここはオートロックの門扉付きで安心です」。二人の希望を両方満たしていたので、他のマンションや一戸建ては全く検討しませんでした。

  • 価格帯も、防音性能も、広く使えるフロアも

    構造やセキュリティは希望通り。バルコニーが広く、部屋の仕切りを開け放せる点も気に入りました。
    「日本に来てからは、私が会社に行って、夫が子育てや家の仕事をしています。本当に私だけの収入で家が買えるのか試算してもらいましたが、大丈夫でした」。
    住み始めてから気付いたことは、2階で子どもを寝かせ、1階で夫婦がくつろぐ時間を持てること。「防音性能が高いので、話し声や食器の音などを気にしなくてすみます。広いバルコニーにはスモーカーや子ども用プールを置いたり、テーブルセットを出してバーベキューをしたりしています」。
    「私たちはパーティーもよくするので、キッチンとリビングの間の仕切りを全部開けられるのが便利です。ここに中学生の長男の友達を25人くらい呼んでハロウィーンパーティーをしたこともあります。その時は親も15人程来ましたが、大丈夫でしたよ」。

  • 趣味は歩くこと、いろんな街を歩きます

    「私たちは歩くことが好きで、週末はよく歩いています。自転車と違って、目的地まで会話しながら行けるので楽しいですね。お気に入りの商店街は阿佐ヶ谷と高円寺。家から3~4kmの距離を歩いて行って、商店街を買い物をしながらぶらぶらします」。かなりの距離ですが、疲れたらバスで帰れるので、子ども連れでも便利だそうです。
    以前、住んでいた賃貸マンションは駅の近くでしたが、少し駅から離れた今の方が、方南町、明大前、代田橋など複数の駅を使う楽しみがあるのでむしろ好きだと言います。
    奥様はフレックスを利用して、早朝から夕方までの勤務。朝はなんと渋谷まで徒歩通勤します。「1時間くらいで着きますよ。帰りは電車です」と笑顔の奥様。
    「帰る時は、長男には家で次男の面倒を見てもらい、夫に駅まで迎えに来てもらいます。『ハッピーアワー』と称して、商店街で缶ビールを買って二人で手を繋いで飲みながら帰って来るんです」。
    5時過ぎに帰宅してからは、みんなでご飯を食べたり、子どもの勉強を見たりする幸せなひととき。夫婦の時間も、子どもとの時間も両方大事にしているお二人です。

  • 快適で幸せな毎日、今後の家族の成長も楽しみ

    今の暮らしに満足しているというCさんご夫婦。家ももちろん気に入っているし、周りの環境やロケーションも気に入っています。
    「それに、そんなに広くありませんが、敷地内は子どもが自転車の練習をしたり、友達と遊んだりするには十分なスペースがあります。前の道は車が多いのですが、ゲートが閉まっているので子どもが飛び出すこともなく安全です」。
    シアトルの持ち家は、何かあった時のために置いてありますが、当分戻る予定はないそうです。
    「今の生活はとても楽しいです。仕事を変えない限りここに住むつもり。子ども達が大きくなって生活パターンが変わったとしても、その変化をまた楽しんで暮らしていけると思います」。

複数駅利用のロケーションも、構造の安心感も。家族のライフスタイルにぴったりの住まい。

グランドピアノも置ける構造と十分な広さ。将来の資産となる家を手に入れました。

立地条件と環境。
譲れない条件を満たした家。

憧れだった街に住む。夢が一つ叶った。

大都会・新宿の中の、静かな環境。愛着ある場所で始めた結婚生活。

教育環境のいい杉並区で新居を探している時、リムテラスに出会いました。

井の頭線沿線で家を持つという、まさかの夢がかないました。

都会に家を持てたからこそ、極めたい世界がさらに広がった。