Menu
Close

無駄はいらない。でも、遊びは削らない。

Less is Moreを生きよう。

SOMEI STYLE

 リムテラス駒込染井の最寄駅である巣鴨駅は、JR山手線と都営三田線が交差する駅。ここから東西南北に向かって路線が伸びるため、都内のどこに行くにもアクセス抜群です。これに、JR山手線と東京メトロ南北線が利用できる駒込駅、都電荒川線の西ヶ原四丁目駅も合わせると3駅4路線が利用可能。それぞれの路線の乗り換え駅も考えると、足回りのバリエーションには事欠きません。
 JR山手線で駒込駅からの所要時間は、池袋駅7分、新宿駅15分、東京駅19分。東京メトロ南北線利用では四ツ谷駅14分、永田町駅17分です。巣鴨駅から都営三田線では、水道橋駅7分、大手町駅へ13分と、毎日の通勤通学、またプライベートのお出かけをより軽快にしてくれます。

 そんな交通の便の良さに加え、特筆すべきはこの町の歴史。この辺り一帯は、江戸時代に日光御成街道・中山道の主要街道に沿って町並が伸び、藤堂家下屋敷などの大名屋敷が置かれた地でもありました。
 現在、江戸の二大庭園に数えられるのが六義園。「回遊式築山泉水」の明るく開放的な日本庭園です。柳沢吉保が自ら設計し、紀州(現在の和歌山県)和歌の浦の景勝や、和歌に詠まれた名勝の景観を繊細に表現しています。池をめぐる園路を歩くと高低差のある景色の移り変わりが楽しく、四季折々の美しさを堪能できます。
 他にも、徳川家斉が参拝していた大国神社など、かつてこの地に住んだ人々を忍ばせる景観があちらこちらに残ります。
 近代になると財界人や政治家が多く暮らす邸宅街としても知られるようになりました。街の北側にある旧古河庭園は、大正の香り漂う洋館が印象的。小高い丘に作られた洋館は、躯体は煉瓦造、外壁は新小松石(安山岩)。鹿鳴館なども設計したジョサイア・コンドル設計です。洋館の手前の斜面に配された西洋庭園は、左右対称の幾何学模様のフランス式庭園と、石の欄干や石段・水盤など、立体的なイタリア式庭園の技法を合わせたつくり。バラの時期には洋館とのハーモニーが多くの人々を魅了します。周囲の低地には日本庭園がつくられ、和洋の趣が見事に調和しています。

 リムテラス駒込染井は「染井通り」に面します。江戸時代には植木屋が軒を連ねていた通りです。高名な園芸師の屋敷跡は「門と蔵のある広場」として整備され、多くの園芸師たちの菩提寺である西福寺があります。

 指定学区の仰高小学校へはリムテラス駒込染井から徒歩4分。ここは明治9年に開校し、今年創立143周年を迎える豊島区で最も歴史のある小学校です。校名の「仰高」は論語から名付けられました。また、駒込中学校へも徒歩4分という近さ。高校も都立、私立、国立、中高一貫などバラエティ豊かな学校が通学圏内です。また、4km圏内に東洋大学、東京大学、お茶の水女子大学、東京芸術大学など高等教育機関もたくさんあり、教育環境も申し分ありません。

 そんな由緒ある住宅地でありながら、商店街など生活関連施設も多く、暮らしやすさも抜群。地蔵通りとして知られている通りは、旧中山道です。とげぬき地蔵として親しまれている高岩寺が明治時代に上野から移転して以来、ますます発展し賑やかになりました。観光地としても有名ですが、地蔵通り商店街、巣鴨駅前商店街などには日常使いできる八百屋、肉屋、総菜屋、スーパー、薬局などたくさんのお店があります。また、近くにある三菱巣鴨スポーツセンターは大人、子ども双方に向けたスクールがあり、多種多様なスポーツを初心者から上級者まで楽しめます。
 歴史と緑と桜に彩られた、格調高い街。
 都内各所へのアクセスに優れ、毎日を快適に過ごせる街。
 あなたらしさを大切にできる日々が、ここにあります。

リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井
リムテラス駒込染井

FREE DIAL. 0120-900-407

営業時間/10:00〜18:00
定休日/水曜・木曜(土・日・祝は営業)